todenmo.cocolog-nifty.com > 王子~豊島五団地~西新井まち歩き会

1王子駅前1

1王子駅前1

今回の出発点、王子駅前電停です。
かつては都電のレールが右側にも分かれていました。


2王子駅前2

2王子駅前2

歩道橋から北に向かって撮影。ご覧のように道幅は広いです。
通りの左手に、西新井駅行きのバス停があります。

王子駅には駅前のロータリーに大きなバスターミナルが
設けられているのですが、このバス停はバスターミナルから
少々離れたところにあります。
初めての人には判りづらいので、案内板などもう少し充実が
望まれるところです。


3王子駅前3

3王子駅前3

西新井駅行きのバス停。今回は、まず都バスで一気に西新井大師、
東武大師線で西新井まで行ってしまい、散策しながら王子まで
戻ってくるコースをとりました。


4西新井駅前1

4西新井駅前1

東武鉄道、西新井駅西口です。駅のこちら側が、古くから開けて
いるようです。

改札が2階にあるのですが、階段は実質3階分くらいあり、
高齢者など足腰の弱い人にはきついでしょう。エレべータは
向かって左にあるのですが、ちょっと判りづらいですね。


5西新井駅前2

5西新井駅前2

駅前の商店街です。左手の道路標識にあるように歩行者・自転車専用で、
歩きやすい通りとなっています。
どこか「昭和ムード」が漂っていて、なかなか良い感じです。


6西新井駅前3

6西新井駅前3

エレべータ入り口。ここから駅の改札階に上がれます。
駅併設の商業施設内に設置されているので、初めてこの駅を
利用する人には判りづらいのではないでしょうか。
また、バリアフリーの観点からは、エレべータ内はちょっと
狭いと思われます。車いす利用者1名と介助者1名が乗ると、
エレべータはいっぱいになってしまいます。


7西新井駅東口

7西新井駅東口

駅の階段を下りてすぐ、足立区コミュニティバス「はるかぜ」の
停留所がありました。「はるかぜ」は別路線が西口にも発着して
います。西新井駅は地域交通の拠点になっています。


8西新井駅1

8西新井駅1

改札内に入って撮りました。向かって右側が東武伊勢崎線、左側が
東武大師線のホームです。


9西新井駅2

9西新井駅2

上の写真の場所から左を向くと・・・改札内にまた大師線の改札
があります。大師線は、終点の「大師前」までは一駅しかなく、
また「大師前」が無人駅のため、ここで早々切符を回収すると
いうわけです。


10大師前駅1

10大師前駅1

大師前駅に着きました。電車は2両編成なのに、ホームは広々と
しています。正月の参拝客が非常に多いので、このような構造に
なっているのでしょう。独特の雰囲気がある駅です。


11大師前駅2

11大師前駅2

駅はこのような構えをしています。臨時用の改札台が見えますが、
普段はこの通り無人です。駅のまわりは商店に囲まれており、
線路を駅の先に延ばす事は考えにくいです。


12西新井大師1

12西新井大師1

西新井大師の門です。駅出入口からは歩いて1〜2分といった
ところ。なかなか重厚な建築ですね。


13西新井大師2

13西新井大師2

門をくぐったすぐ左の「塩地蔵」。ぼんやり歩いていると
気付かずに通り過ぎてしまいますが、都内でもこれはちょっと
珍しいのではないでしょうか。


14西新井大師3

14西新井大師3

本堂です。


15西新井大師4

15西新井大師4

都バス王40系統「西新井大師」バス停、西新井駅方面のりばは
商店街の入り口、環七通り上にあります。

バスの本数は多い(日中6〜7分間隔)のですが、停留所に
屋根はなく、雨の日などはバスを待つのが少々辛いところ、
おまけに王40系統のバスはいつも混んでいます。


16西新井大師5

16西新井大師5

「西新井大師」バス停、池袋駅東口/王子駅前方面のりばは、
環七通りからバス通りを少し入ったところにあります。
こちらも屋根はありません。

このバス通りは、平行する道路がないためか、歩行者と自転車、
自動車がいつも交錯しています。


17江北四丁目1

17江北四丁目1

西新井大師から王子駅前に向かって都バス王40系統に乗り、
3つめのバス停「江北四丁目」で降りました。

ここで交差するのは尾久橋通り、その上の高架は開業間近の
「日暮里・舎人ライナー」のものです。「江北駅」がもうほぼ
でき上がっています。


18江北四丁目2

18江北四丁目2

日暮里・舎人ライナー江北駅のエレベータ。
写真ではわかりづらいですが、西新井駅のエレベータと同じく
サイズは小さめで、バリアフリーの観点からは物足りなさは
残るところです。


19江北四丁目3

19江北四丁目3

江北駅周辺整備工事の様子。尾久橋通りの両側に、駅前広場が
設けられるようです。


20江北四丁目4

20江北四丁目4

工事の様子です。


21江北四丁目5

21江北四丁目5

江北駅の東口?にはバスロータリーも設けられるようです。


22江北四丁目6

22江北四丁目6


23江北四丁目7

23江北四丁目7

西新井に向かう都バス。こんなに狭いところを通りますので、
この通りに都電の軌道を新たに敷くということは、現状では
考えにくいです。
写真はバス停(王子方面のりば)から撮りました。


24江北四丁目8

24江北四丁目8

江北四丁目西新井方面バス停。わずかなスペースを利用して、
バス停に屋根をつけています。


25江北四丁目9

25江北四丁目9


26江北バス通り1

26江北バス通り1

バス通りを王子方面に歩いて行きます。この通りは、通学路
にもなっているようです。クルマは30km/hの速度制限を概ね
守っているようなので、大きな事故はないと思いますが、
電信柱など歩行にバリアが多いことは確かです。


27江北バス通り2

27江北バス通り2

「昭和ムード」のお米屋さんを見つけました。このお店が
建った頃、バス通りの様子はどんな感じだったのでしょうか。


28江北バス通り3

28江北バス通り3

バス通り沿いにある、都バスの「荒川土手操車場」です。
停留所もあり、ここからなんと東京駅までを結ぶ「東43系統」も
出ています。


29荒川土手1

29荒川土手1

奥に荒川土手が見えます。
都バス王40系統が、バス通りに入るところです。


30荒川土手2

30荒川土手2

土手に出ると、ちょうど太陽が沈んで行くところでした。
空の狭い東京にあって、夕陽が地上から眺められる場所は、
そう多くありません。貴重なスポットです。


31荒川土手3

31荒川土手3

荒川です。ここはサイクリングには良いでしょうね。


32荒川土手4

32荒川土手4

至近に、首都高の江北ジャンクションがあります。
分岐し真っ直ぐ奥手まで延びているのは、実は本線である
中央環状線です。ここから、王子、西池袋を経て、西新宿
ジャンクションまでが、現在のところ開通しています。


33荒川土手5

33荒川土手5

首都高の高架下は、やや複雑な交差点になっています。
一番手前の片側1車線道路は坂を上がる方が王子方面行き、
下っていく方は西新井方面行きです。

もし王子から先ほどの江北バス通りにトラムを導入すると
すれば、ここが最も大掛かりな改修になるかもしれません。


34荒川土手6

34荒川土手6

ここは数年前まで、T字路の突き当たりではなかった
でしょうか?奥手方向に新設の道路ができていました。


35江北橋1

35江北橋1

34の地点から反対側を向いたところ。荒川を渡る江北橋です。
ここは直線が長く、スピードを出す自動車が多いです。
そのせいか、事故の多い道としても知られています。


36江北橋2

36江北橋2

荒川を王子側に渡ると、いわゆる「スーパー堤防」の工事を
やっていました。


37江北橋3

37江北橋3

正確には、スーパー堤防工事のための迂回路建設です。
ご覧の通り国交省が発注。このような大掛かりな道路整備は、
近年この地区では多いです。


38宮城二丁目

38宮城二丁目

江北橋を渡ると、荒川と隅田川に挟まれた、中州状の地勢の
宮城地区に出ます。写真ではカメラの補正がかかって明るく
見えますが、あたりがだいぶ暗くなってきたので寄り道できず、
バス停の標識だけ撮りました。

これだけバスが通ってますが、ここも都電が通ったなら、
だいぶ便利になるのにと言うと電車贔屓に思われるでしょうか。
もちろん都バスも悪くはないのですが、輸送力とバリアフリーの
レベルが、都電とは違います。


39豊島橋1

39豊島橋1

この橋で隅田川を渡ります。


40豊島橋2

40豊島橋2

豊島橋を渡ると、足立区から北区に入ります。


41豊島五丁目団地1

41豊島五丁目団地1

北区屈指の規模を誇る、豊島五丁目団地が一望できました。
手前は隅田川です。

ときどき誤解があるのですが、豊島五丁目団地は豊島区ではなく
北区にあります。


42豊島五丁目団地2

42豊島五丁目団地2

団地のバス停は、スペースをかなり広くとってあります。
ここで折り返すバスもあります。


43豊島五丁目団地3

43豊島五丁目団地3

団地内のオープンスペースです。
建物は1階が店舗に、2階以上が住居になっています。


44豊島五丁目団地4

44豊島五丁目団地4


45豊島五丁目団地5

45豊島五丁目団地5

「団地ラーメン」の幟が気になり、撮ったのですがピンボケです。
ゴメンナサイ。


46豊島五丁目団地6

46豊島五丁目団地6

団地の裏手にでたところ、新築工事の標識を見つけました。
都バスの輸送が逼迫しているなか、団地の人口が増えることに
なります。


47豊島五丁目団地7

47豊島五丁目団地7

団地の隅田川沿いは遊歩道になっています。
対岸にもマンションが建設中です。


48豊島五丁目団地8

48豊島五丁目団地8

この真新しい建物はなんと「トンボ鉛筆」本社です。
ここは団地からほど近いのですが、住居表示としては
豊島五丁目から外れています。


49豊島五丁目団地9

49豊島五丁目団地9

再び団地の入り口に戻って、道路交通の状況を見ます。
(またピンボケですみません)


50豊島五丁目団地10

50豊島五丁目団地10

49の写真の、標識に示された道路(都道)です。
現在片側1車線なのですが、片側2車線にする計画で、
用地買収が徐々に進んでいます。明治通りに合流すると、
道幅は一気に拡がります。

以前からの街並が失われ、住民の方が退去するのは忍びないの
ですが、王子駅前に向かうこの道路、もし完成するときがくるの
ならば、願わくば上下各1車線分を公共交通専用に使い、
高齢などで自動車の運転ができない人や自転車に乗れない人でも、
快適に移動できるようにして欲しいものです。