todenmo.cocolog-nifty.com > 越中島(小名木川)貨物線沿線まち歩き会

1 亀戸駅その1

1 亀戸駅その1

今回の起点、亀戸駅です。
奥に見える高架線が、江東区で旅客線(トラム)化構想のある越中島(小名木川)貨物線。
駅の南側を通っています。


2 亀戸駅その2

2 亀戸駅その2

亀戸周辺の地図を見て誰もが一度は考えるのが、東武亀戸線との直通。
現在、東武の線路は貨物線とは、JR総武線の線路を挟んで反対側に、
写真のように駅ビルに突っ込む形で止まっています。
従って、線路をつなげるには相応の規模での再開発が必要になってきます。


3 京葉道路その1

3 京葉道路その1

亀戸駅の南側すぐに「京葉道路」が東西方向に通っています。
写真は明治通りとの交差点上にある歩道橋から貨物線を望んだところ。
貨物線が南に向かって京葉道路をまたいでいます。
ちなみに、この交差点は歩行者が平面で渡ることはでません。
(歩道橋にはエレベータがついていますが)


4 京葉道路その2

4 京葉道路その2

上の写真の、貨物線ガードのたもとより。
貨物線は現在単線ですが、敷地は複線化できるよう設計されています。


5 京葉道路その3

5 京葉道路その3

同じ位置から南側を向いたところ。複線化用地が確保されているのが
わかります。これから南に向かって歩いて行きます。


6 うるおいの木かげ道路その1

6 うるおいの木かげ道路その1

線路沿いの道は樹木が植えられ、
「うるおいの木かげ道路」と名付けられていました。


7 うるおいの木かげ道路その2

7 うるおいの木かげ道路その2

亀戸駅方面を望む。木の育っていない現状では木陰はほとんどなく、
一行は太陽に照りつけられました。
けれども、緑が少ないこの一帯にあってうるおいを感じさせる
道路であることはたしかです。


8 ガード

8 ガード

江東区の構想では想定されていないのですが、このあたりに
トラムの停留所を設けてはどうかという意見がありました。


9 竪川橋梁その1

9 竪川橋梁その1

ガードの先で、すぐに竪川にあたります。
上を通っているのは首都高速です。
貨物線は立派なトラス橋で竪川を超えますが、
地上を歩く私達は迂回して行かなければなりません。


10 竪川橋梁その2

10 竪川橋梁その2

トラス橋の下に降りました。
竪川は今は埋め立てられ、公園や自転車道になっています。
重厚なレンガ積みの橋脚が、この貨物線の歴史の長さを物語っています。


11 竪川橋梁その3

11 竪川橋梁その3


この橋も、複線化できるよう設計されています。
ところでこの首都高速の下のスペースですが、昼間は良いけれども
夜の一人歩きは怖いと、女性の参加者から意見がありました。


12 緑のトンネル

12 緑のトンネル

ここは竪川を超えた、線路の側道です。自動車が入って来ないので
あたりは静かで、ホッとします。樹木が繁っているほか、
付近の民家で鉢をたくさん育てていて、空気が美味しい気さえします。


13 大島銀座通り商店街

13 大島銀座通り商店街

このガードは「大島銀座通り商店街」が間近です。
停留所設置の適地と言えるでしょう。


14 つつじ盆栽

14 つつじ盆栽

ちょうど見頃の盆栽です。後ろの土手の上が線路敷になっています。
このあたりはわずかなスペースでも、目を楽しませてくれるものがあります。


15 新大橋通り

15 新大橋通り

亀戸駅から1.2km、新大橋通りを越えます。江東区の構想では線路に向かって左側、
先ほどの大島銀座商店街との間に停留所の設置が想定されています。
ガードをくぐった奥のやや離れたところに、都営地下鉄新宿線の
西大島駅があります。トラムとの乗り換えはちょっと面倒そうです。


16 「緑のトンネル」ガード

16 「緑のトンネル」ガード

新大橋通りから南下。
この日は5月とはとても思えないくらいとても暑かったのですが、
ツタの絡まるガードは涼しさを感じさせてくれました。


17 庚申道跡

17 庚申道跡


次のガードで越えた道は「庚申道跡」とのこと、
ガードのたもとに案内板がありました。


18 小名木川

18 小名木川

線路は小名木川を越えます。小振りのトラス橋が可愛らしいですね。

川沿いの細い道には小学校の門もあるのですが、直線が長く、
狭いのにクルマがスピードを出すのでちょっと怖い思いをしました。
抜け道に使われているのか、クルマの通行は多めだったように思います。


19 小名木川貨物駅跡その1

19 小名木川貨物駅跡その1

かつてここは貨物駅だったのですが、貨物の取り扱いが廃止され
跡地が再開発ということになりました。右手の築堤の上が線路敷です。
江東区の構想では、このあたりに停留所の設置が想定されています。


20 小名木川貨物駅跡その2

20 小名木川貨物駅跡その2

広大な敷地。ここに計画されている商業施設ができあがると、
周辺に大きな影響が予想されます。まず、渋滞は予想できます。
公共交通は都バスのみと、現状では貧弱に思われます。
また、付近に「砂町銀座商店街」があるのですが、共存はできるのでしょうか・・・
など、参加者間から様々な感想が聞かれました。


21 仙台堀川公園

21 仙台堀川公園

こんなところも通ります。
仙台堀川公園は都内最大の親水公園とのことです。


22 踏切から

22 踏切から

付近は建造物がかなり密集しているのですが、線路敷はご覧のように
広く、ポッカリと空いています。


23 南砂緑道公園

23 南砂緑道公園

前回のまち歩きでも通ったところです。ここには1972年まで
都電「38系統」が走っていました。今は遊歩道、桜のトンネルに
なっています。


24 引込線跡

24 引込線跡

かつてこの付近の高校に通っていた参加者によると、ここには工場の
引き込み線があったそうです。線路跡に沿って、ビル群がカーブして
並んでいるのがわかります。


25 日曹橋踏切

25 日曹橋踏切

永代通りを渡ります。ここに停留所の設置が想定されています。
通りかかったバスは都07系統。旧都電38系統の代替路線です。
門前仲町から亀戸を経て錦糸町まで出ています。


26 物流拠点

26 物流拠点

明治通りに合流。
永代通りから南側は倉庫街に替わり、大型トラックがひっきりなしに通ります。
ここから都バス「急行05系統」に乗り、新木場を目指します。


27 拡幅スペース

27 拡幅スペース

明治通りを南下したところ。わかりにくいですが通りの奥が
更地になっています。この様なスペースが新木場まで続きます。
この写真は都バス車内から撮りました。


28 新木場駅周辺その1

28 新木場駅周辺その1

新木場駅の北側からの写真です。
湾岸道路の向こうに鉄道の架線柱が見えます。
この様子だと、新木場駅のすぐ前に乗り入れることは、
一筋縄では行かないように思えます。


29 新木場駅周辺その2

29 新木場駅周辺その2

前の写真から引いた位置から撮りました。


30 新木場駅周辺その3

30 新木場駅周辺その3

さらに引いた位置から。清掃工場の出口を見つけました。
これも新木場駅乗り入れの障壁になっています。


31 貨物線越中島方面その1

31 貨物線越中島方面その1

線路は新東京郵便局付近で明治通りから分かれます。

参加者の間でこのトラム路線を江東区構想の新木場ではなく、
越中島貨物駅を経て豊洲に繋げてはどうかという意見があり、
とにかく一度様子を見てみようということで、
新木場から一旦ここまで戻り、豊洲方面に向かいました。


32 貨物線越中島方面その2

32 貨物線越中島方面その2

右奥へ進むと、貨物線終点の越中島貨物駅です。
私達は道路を右に進みました。


33 東西線車庫

33 東西線車庫

東京メトロ東西線の車庫に出ました。
写真はフェンスから撮っています。


34 豊洲

34 豊洲

今回のまち歩きの終点、豊洲に着きました。
目下大規模再開発が進行中、まち並みにかつての面影が
全く無いのに驚きました。築地市場が移転してくれば、
このあたりの交通事情もまた一変するものと思われます。

豊洲延伸案については、まず導入空間の問題もありますが、
機種がトラムでなく東武亀戸線のような車両でもいいのではないか
という意見、計画が凍結されている地下鉄8号線(有楽町線分岐線)
とのバッティングを指摘する意見などあり、この日だけでは結論は
出ませんでした。

ただ現状では、豊洲周辺はどうもクルマ利用型のまちづくりの気が
します。亀戸周辺と違い、歩いていて寄り道したくなるような空間に
乏しいのです。商業施設単体だけではなく、交通の面でも、21世紀
の都市として然るべきデザインが必要に思います。